HOME>記事一覧>資格を持つことで定年に関係なく仕事が出来る

手技を得意とする職業

柔道整復師になるためには、大学や専門学校に入ることが最低の条件となります。これら文部科学大臣または都道府県知事が指定する養成施設で3年間以上学び、整復師として必要な知識と技能を修得出来た人が、国家試験に望むことが出来合格した人だけが名乗ることの出来る職業です。柔道整復師の仕事は、打撲した人や捻挫をしてしまった人、骨を折ってしまったとか脱臼をしたなどと言う人の治療を行うものです。治療方法には手技整復と言われる方法が主になり、薬の投薬とかメスを入れるなどの治療は行なわないのが整復師の特徴になります。

将来の独立も考えることが出来る

大学や専門学校を卒業し資格を持った人の進路は、接骨院や整骨院といった治療院に属することが多くなります。また最近では働く場も広がっており、スポーツトレーナーや整形外科、更には老人施設にも働く場となっています。学校を卒業後すぐに柔道整復師として独立は非常に厳しいものがあり、経験と信頼がものを言う職業でもあります。実力をつけるためにも、いろいろな治療院で働くことが良い方法になるのでしょう。定年に関係なく仕事が出来る職業であり、はじめは勉強のため治療院などで働くことが多くなりますが、将来は個人での経営を目指す人が多くなっています。